ARがもたらす新しいサービス

ARがもたらすであろう新しいサービスをいくつか

【電脳ペット】
日常的な生活空間で動き回る電脳ペット。
既に単純なものは存在すると思うが、もっと複雑なものや、より表現がリアルなものが登場するだろう。
いずれグローバルスタンダードな規格ができ、それに付随するサービスも含めて広がるだろうと思う。
例えば、電脳ペットがあって、それに別の動作や、機能を追加したり、見た目の変更を行うサービスなど。

【電脳模様替え】
部屋の壁紙や、小物などを実世界にマッピングして表示。
マッピング用のパターンや小物などが、購入できるようになる。
デスクトップの壁紙のようなもので、フリーのものが主流だとは思うが、有料のものも現れると思う。
単に個人的なケースだけでなく、企業も自社ビルや、社内スペースなどに、AR広告や、ARビジネスツールが用いられる。

【AR道案内】
すでに始まっていて、実用性も高いのは、ARを使ったナビゲーション機能だと思う。
実写に対して矢印が表示されたり、付加情報が行われるので、ケータイやカーナビの画面を参照するより
わかりやすいだろうと思う。ARの表示が、実空間での移動を妨げる可能性もあるので、懸念や課題点も
あるが、比較的早くに実現するであろうARの活用方法になるだろう。

【AR広告】
ARの共通プラットフォームや、共通のAR規格を搭載したサービスや端末が登場する事で、
広告などがAR化するだろうと考えられる。
実空間に改変を加えるので、ルールや規制がどのように行われるのか不明な部分もあるが、
いずれにしてもAR広告はいずれ一般化するだろうと思う。