Apple Watchとは

Apple WatchはAppleのスマートウォッチです。 最新のApple Watch Series 4ではディスプレイが大きくなり、若干薄くなりました。 心電図の機能を搭載するなど、単に「小さなスマホ」とは別の進化も始まりつつあります。


Apple Watch Series 3からは、LTE通信で使うことにより、スマホなしでも、通話ができるようになり、
ちょっとした外出や、運動時はスマホを持たないという選択にもなるかもしれません。

Apple Pay(SuicaやQuick payなど)も使えるので、お財布もなしで買い物まで可能です。


LTEなしでのApple Watch

LTEなしの場合は、iPhoneとの連携により、スマホの機能を少し拡張できるウェアラブル端末になります。 ・音楽(Bluetooth連動)
・通知(iPhone連動)
・通話(iPhone連動)
・心拍センサー
・時計
・Apple Pay (Apple Watch Series 2)
などの機能があります。
ということで、iPhoneを見なくても、腕時計から、通話、スケジュール、メッセージなどを確認できます。


課題

・バッテリー消費。頻繁にLTEを使うと4〜5時間とされている。


比較的ニーズがありそうな状況としては

スポーツ

走行距離やカロリーなどを把握。

ビジネス

スケジュール管理、Macの自動ロック解除。

スマホの通知って、気がつかなかったり、他人の着信と間違える事って多々ある。

デスクワークに限らず、ビジネスシーンだと、時計で通知をうけてスケジュールを管理するののは意外と便利だと思う。

・ファッション

高級時計と比べると、デザイン性の違いはあるが、カジュアルファッションとして、スマートウォッチはありだと思う。

といったシチュエーションでの活用が考えられると思います。

最近のAppleはApple Watchをスポーツ分野へフォーカスしようとしているようですが、
腕時計だとスマホより若干距離感が近く、うっかりを防ぎたいスケジュール管理など、ビジネス分野でも活用できそうです。